ごあいさつ

 

 こんにちは。初めましての方もいつもの方もここまでたどり着いていただいたことに感謝です。cafeサニサニーピクニックについて思うことを、マスターと呼ばれておりますアフロの店長ふーちャんがお話させていただきます。

 2015年カフェを展開するにあたりコンセプトを決めました。

・こだわり

・空間

・人

大きくこの3つに決めました。

 

こだわり

 こだわりのないものは無いに等しい。これがこだわりたい理由です。ただそこに「ある」から入るよりも選んで見つけて来ていただきたい。たまたま見つけて来た人に次は目的にしていただきたい。ということです。店内の色々な物に僕の意志が宿っています。コーヒーやご飯だけではなく、2階の芝生や小物。食材のこだわりだけでなく名前や値段。どこかに意味があります。自分が感動したものを伝えたいというこだわりです。僕はハンドドリップで感動しました。なので目の前で1杯ずつ豆を挽いて注ぎます。感動を伝えたらどんな反応が返ってくるのかです。飲食店としてはまだまだ未熟かもしれませんがとことんこだわりたい思いは変わりません。知れば知るほどに成長するカフェであると思っております。

 

 

空間

 カフェに入った瞬間からコーヒーを飲んで外に出るまで。そのすべてに楽しめる要素が詰まっております。一人一人その人なりの楽しみを見つけてもらいたいです。

 

リラックスできる。

可愛い。

時間が止まる。

自分の部屋のよう。

飽きない。

 

 十人十色ですね。今あるのは1つ目のコンセプト「こだわり」が生き生きする空間です。

ちなみに私が物選びで重要視するのは、まず可愛い。次に面白いです。どんどん可愛いカフェになってしまいそうです。

 

 

 

 カフェの中には客とスタッフという2種類の人がいます。客同士、スタッフ同士、客とスタッフという3種類の関係があります。そのどれも大事にしていきたいです。これまで僕自身色々なカフェに行きました。器が綺麗。希少価値のある物を頂ける。素敵な景色がある。その店に行きたいと思う要素はたくさんあります。ただ、また行きたいと思う最大のポイントは「会いに行きたくなる」なのです。それがたとえファーストフードでさえです。魅力的な「人」がいれば再び訪れたくなる。働く者の魅力がどれだけ大事なのかを知りました。会いたくなる人というのは、皆自分を持っています。そう思われる人を目指しております。ちなみに、私の心情は『Don’t think,,,smile』です。

 もう一つ。客同士の交流の場になってほしいのです。出会いの良さを知り広げる仕事をしておりました。なのでカフェでもそうありたいです。2つ目のコンセプト「空間」を生かしたイベントでしかけてまいります。

集まって繋がって広がる。そんなカフェです。

コンセプトはこのような感じです。

 

まとめると。

 

「コーヒーが美味しくてアフロが面白いから癒されに来たよ」

 という客同士がお友達になってくれる。すると僕は最高に幸せだということです。お店をやる以上繁盛したいのは当たり前です。ですが、月に1000人の人が来るお店よりも、100人の人が10回来るお店にしたいです。ここまでの長文にお付き合いいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

サニサニーピクニック 代表小栗太